dwell

Japanese / English

apartamento

スペイン発、春秋の年二回発行のインテリアライフスタイルマガジンです。 “An Everyday Life Interiors Magazine”というコンセプトの元、アーティストやミュージシャン、クリエイターなど、 個性豊かな人々の居住空間を通してライフスタイルを紹介する、従来のインテリアマガジンとは一線を画す内容です。

APOLIS

2004年にアメリカ・カリフォルニアを基点に設立した”地球の市民”として世界規模で雇用を作る為に活動する社会的企業です。 各国のメーカーと共同開発で製品を企画、生産することで現地の雇用機会を増やし、消費者が直接的に社会貢献に携わる機会を提供しています。製品にはオーガニック、リサイクル素材などを積極的に使用し、有名ブランドとのコラボレーションも積極的に行なっています。

ayame

デザイナー今泉 悠の出身地・茨城県潮来市のシンボルの花であるアヤメ(菖蒲)に、 “目を彩る=彩目”という想いを重ね、ブランドネームとし掲げています。 世界最高峰の技術を誇る福井県鯖江市の熟練した職人によって、1本1本丁寧に磨き上げられたプロダクトクオリティの高さや、 道具としてだけでなく、美しさと品格を追求し、さらに時代感をとらえたファッション性の高さで注目を集めているアイウェアブランドです。

BIRD

“Life’s a Journey”をテーマに、旅、ファッションや食、音楽やアート、インテリアといった暮らしにまつわるすべてを日常と繋ぐ、”TRANSIT for GIRLS”として創刊したライフスタイルマガジンです。

COBBLE MOUNTAIN HAMMOCK

アメリカ・バーモンド州で1982年に創業したハンモックメーカーです。紐を通す穴を開けたり、蒸して木材を湾曲させる作業もオールハンドメイドで生産されており、非常に丁寧な製法と雲の上にいるような心地よさで世界中で愛され続けています。また体を委ねるのに重要なロープも、コットンとポリエステルを織り交ぜた独自で開発したものを使用するなど、安全面もしっかりと配慮されています。

DAZE’n HAZE

<DAZEN’n HAZE>はハンドメイドキャンドルのブランドです。 炎の灯りで植物の花、葉、茎を透かして見せる事で、”自然造形や自然物の美しさ”、 ”自然環境と共に生きる私たちの存在”を、再び真に感じてほしいと云う思いが込められています。 植物採取からドライフラワー作り、キャンドル製造まで、全て1人の職人が一貫して行っています。

Heather Levine Ceramics

カリフォルニアを拠点に活動するセラミックアーティスト<Heather Levine>。 リサイクル粘土のピースや、流木を組み合わせて作るウォールハンギングが代名詞的なアイテムです。

Hender Scheme

2010年秋冬シーズンにスタート。 浅草にあるアトリエを拠点に靴や革小物などを中心としたプロダクトを展開しています。 <Hender Scheme>では、表層的な部分のみでなく、物が出来上がる背景や過程などに重きを置き、モードとクラフトのバランスのとれたモノ作りをしています。人から人へモノは渡っていき、製品になって、それを人が使ってその人なりの完成品になっていく。 プロダクトそのものだけではなく、その過程や経過をデザインしているブランドです。

her.Magazine

<THE NEW ORDER MAGAZINE>の発起人であるジェームスオリバーが、 2015年に創刊したインディペンデントマガジンです。 唯一無二の世界観をもとに、ファッションや音楽、アート、デザイン界を牽引する人々にインスパイアされ、 より深く広いコンテンツを発信しています。

ITO BINDERY

ノートの製本を手掛ける紙工所からスタートした1938年創業の文具メーカーです。2009年からオリジナルブランドを展開し、翌年ドローイングパッド、メモブロックがグッドデザイン賞を受賞。2011年からニューヨーク近代美術館”MoMA”のグッズショップで販売され、無駄のないデザイン性が高く評価されています。

JETMINMIN

建築家デザイナー”JET”とグラフィックデザイナーの”MINMIN”からなるデザイン&クラフツユニットです。静岡県浜松市に活動拠点を置き、軍放出品やデットストックなどをリメイクした商品を製作しています。”LOHA-MODS(ロハモッズ)”をテーマにしたアイテムは、商品を末永く使ってほしいという思いからリペアサービスも行っており、環境にも優しく、無機質な格好良さも兼ね備えたデザインになっています。

KINFOLK

“A guide for small gatherings”=小さな集まりの為のガイドをコンセプトに、 アメリカのポートランドで創刊したライフスタイルマガジンです。 とは日本語で”親類”や”親戚”を意味し、 その名の通り家族や友人など、身近な人達との時間を大切に過ごす為のアイデアやインスピレーションが詰まった内容です。 シンプル且つ余白を活かしたデザインや、その場の空気が伝わってくるかのような写真の数々、 暖かみのある質感の紙など、細部にわたって美意識を感じる事がビジュアルブックです。

Ladd Cottage

オレゴン州ポートランドで、100%の純度で様々なモチーフの蜜蝋キャンドルを作るブランドです。 ゴールドにも見える自然な色合いや、パラフィンキャンドルとは異なり、消した時の匂いも気にならない点など、 蜜蝋の魅力を十二分に活かしながら、自然素材のみですべてハンドメイドにて製作されています。

LIBECO

ベルギーのメルベケに本社を構えるハウスホールリネンブランドです。リネン産業の長い歴史を持つベルギー国内の中でも60%以上のシェアを持ち、トップブランドとして世界約50か国に輸出しています。ピュアリネンを100%使用した製品は、ハンカチ用、アパレル用、インテリアデコレーション用など、およそ4000種以上のリネンをそれぞれのアイテムで使い分けています。

naef

1958年に家具屋であったクルト・ネフが立ち上げたスイスのおもちゃメーカーです。商品によってそれぞれデザイナーが異なり、積み木をはじめ、独特のデザインが世界各国から高い評価を受けています。おもちゃを彩る塗料も自然環境や人体に影響がない天然塗料を使用したり、素材として使われる木も環境に影響がないと認可した森の木を利用するなど、安全面や環境にも優しい製品作りを徹底しています。

ontario

2010年から活動拠点をアメリカに移し活躍するフォトグラファー高橋ヨーコと、ブルックリン在住のグラフィックデザイナー穂積吉恵による季刊誌のビジュアルジャーナルマガジンです。身近なものから非日常を彩るものなど、そこにしかない、やり過ごしてしまいそうな偶然性やそれを見つけた動機、触発性を大切に、捉えた人のいる風景を写真と文章で綴っています。現在、アメリカ、カナダ、日本の3か国で展開されています。

PACIFIC FURNITURE SERVICE

1988年、”かっこいい家具より、かっこいい生活”をコンセプトに、既成の価値観や流行に左右されないオリジナル家具を展開してきたファニチャーブランドです。東京・恵比寿にショップを構え、オリジナル家具のほか、家具と合わせて使える、機能的で良質な商品も輪入販売しています。また、自由な生活を実現する為のオーダー家具や空間設計依頼などの窓口となっています。

PENDLETON

トーマス・ケイが1909年にブランケットの製造会社として設立したウールのブランドです。ネイティブアメリカンの伝統的な柄とカラフルな色合いが特徴で、保湿性、耐久性、撥水性に優れた100%ヴァージンウールを使用した高品質なアイテムを制作しています。アメリカで育まれたクラフトマンシップの象徴として、世界中の幅広い年齢層から愛され続けています。

STAEDTLER

1835年にドイツにてヨハン・セバスチャン・ステッドラーが鉛筆工場を設立したことからスタートした筆記具、製図用品のメーカーです。祖先にあたるフリードリッヒ・ステッドラーは鉛筆を発明したことで知られています。長い歴史で培ったノウハウを生かし、その品質とデザイン性で専門分野のカスタマーから一般ユーザー、学童まで世界中で評価されています。

TERASU

ディレクターの”MAX HOUTZAGER”を中心としてスタートしたインディペンデントマガジン<TERASU>。 山、海、食文化をキーワードにサーフィンやスノースポーツといったアウトドアアクティビティを楽しむ人々や、その周りのコミュニティ、そしてそこにある日常の場面を独自の視点で切り取っています。

THE

世の中の定番を新たに生み出し、これからの”THE”をつくっていくこと。 世の中の定番と呼ばれるモノの基準値を引き上げていくこと。 本当に”THE”と呼べるモノを、生み出していくこと。をコンセプトに掲げ、 “衣、食、住”にまつわる新定番となりえるモノづくりを目指して、 2012年に設立されたトータルブランドです。

THE NEW ORDER MAGAZINE

アメリカ、ヨーロッパの若者の間で多くの支持を集めているストリートカルチャーのオンラインメディア<SLAMXHYPE>や<POST NEW>の設立者である”JAMES OLIVER”が2009年にスタートしたカルチャーマガジンです。 毎号、ファッション・アート・映画等の様々なシーンで強い影響力を持つ、クリエイターやファッションブランドをフィーチャーしています。

TRANSIT

“美しきもの”を求めて旅をするトラベルカルチャーマガジン<TRANSIT>。 インターネットの情報では得られない人間の息遣い、大地の鼓動、心を撃ち抜く一瞬がおさめられた写真の数々や、地球を歩いて感じた生の情報とテキスト、そして旅行に役立つ大地図やミニガイドブック。 歴史や文化人類学が楽しく学べるコンテンツ、著名な作家や文化人のインタビューやコラム等々、 それぞれの旅愁をかきたてる本物のコンテンツが一冊にまとまっています。

TRUCK

1997年に大阪市旭区でオープンしたファニチャーブランドです。ブランド名の由来はアメリカの田舎道を走るピックアップトラックから名付けられました。”暮らし”に重きを置き、流行に左右されずに長く一緒に暮らせる家具が多くのファンを集めています。デザイナーの黄瀬徳彦氏、イラストレーターの唐津由美氏によって生み出されるアイテムは、家具だけに留まらず、雑貨や洋服なども数多く展開しています。

叢 (Qusamura)

〝いい顔してる植物〟をコンセプトに、独自の美しさを提案する広島の植物屋です。 店主自らが日本中を旅して集めた個性あふれる植物を、 その個体の特徴を引き出す器とあわせて提案しています。 店名は、店主が植物を見つける場所を叢と呼んでいたことから、普通の人にとってはただの草の群がりに見える場所に、 個性ある美しさが眠っていることがあります。<Qusamura>の〝Q〟は、”Question”からとったものです。 個性的な叢の植物達に出合った時に不思議を感じ、 “?”から叢の世界観に入ってほしいという願いを込めています。

堀商店 (HORI LOCKS)

明治23年に創業した老舗の鍵メーカーです。創業当時は最新の欧米の錠前や建具金物などを販売しており、後にオリジナルの錠前を製作、販売するようになりました。”安全性が高く堅牢なこと”、”質感のある重厚なデザイン”を一貫した鍵作りは、その丈夫さと信頼性で日本のみならず、海外でも高い評価を得ています。また伝統的なハンドメイドによるたったひとつのオリジナル製品なども受けていたりと、常に革新的な製品開発を行っています。

馬場忠寛・南部鉄器 (BABATADAHIRO・NANBUTEKKI)

<馬場忠寛>は、”モノと人の理想的関係”をデザイン理念に据え、鉄器をメインに意匠と洗練された技術が一つになった、 感受性豊かな作品を作り上げているデザイナー兼鉄器作家です。 長年に渡って培った知識と鋳造技術を基盤に、器からモニュメントまで広範囲に渡って制作しています。

高澤ろうそく (TAKAZAWA ROUSOKU)

石川県・七尾で1892年に創業した和ろうそくメーカー。 和ろうそくは、和紙の上に灯芯を丁寧に手で巻いて作る芯と植物ロウを使い、 全て天然素材から出来上がっています。力強くあたたかな炎と、環境にも身体にも優しい点が特徴的です。