“靴作りのルーツ”
Sellenatela meets nostos books"/> “靴作りのルーツ” Sellenatela meets nostos books

“靴作りのルーツ”
Sellenatela meets nostos books

ROOTS to BRANCHESでは、5月3日(木)~5月9日(水)までの1週間、
東京発のシューズブランド”Sellenatela“と
世田谷・松陰神社前のセレクト古書店”nostos books“と一緒に、
“靴作りのルーツ”と題したイベントを開催します。

Sellenatelaデザイナーがnostos booksで出会った
“DAVID HOCKNEY”の図録をきっかけに、
コレクションが出来上がるまでの背景にフォーカスした今回の展示。

イベント期間中、アートブックやデザイナーが撮りためた写真、
木型や素材などを展示し、Sellenatelaのシューズデザインのルーツを辿ります。
新作の2018 Spring&Summerコレクションに加え、
ブランド定番のスタンダードラインのシューズもラインナップします。

更に、2018 Spring&Summerコレクションのインスピレーション源、
“DAVID HOCKNEY”の図録や関連図書を展示販売します。
彼の作品から感じる光や水の透明感、
風の心地良さを感じるような写真集なども合わせて、
nostos booksにセレクトして頂きます。

靴そのものだけでなく、靴づくりの背景や、着想源となった作品を知ることで、
より愛着の持てるシューズに出会うチャンスです。

目黒川沿いは、初夏の心地良い風が吹く季節。
みなさまのご来店を心よりお待ちしております。



“靴作りのルーツ” Sellenatela meets nostos books
2018年5月3日(木) – 5月9日(水)

※レセプションパーティー 5月3日(木) 18時~20時
※Sellenatelaデザイナー&nostos booksディレクター在店日
5月3日(木) – 5月5日(土) 14時〜17時

上記日時、Sellenatelaデザイナーの榎本さんと
nostos booksディレクターの山田さんが在店します。
また、会期初日の3日(木)18時からはささやかながらレセプションパーティーを行います。
どなた様でもお立ち寄り頂けますので、どうぞお気軽にいらしてください。
Sellenatelaについて
学生時代グラフィックデザインやインダストリアルデザインを学ばれていた、
デザイナーの榎本郁栄(えのもといくえ)さん。
彼女の近くにはいつもアートがありました。

シーズンごとに違うアート作品をインスピレーション源とし、
いつも面白い切り口で靴づくりをしています。
女性にとっての靴は、身に付けるアートピースのように思います。

“スニーカーも好き、だけどレザーシューズやハイヒールだって履く。
もちろん日々の生活で使うものだから、
見た目と同じくらい履きやすさもとても重要”

そんな望みを叶えてくれるのが、”Sellenatela”のシューズです。
日本製にこだわり、職人技を随所に感じる作りながら、
出来上がるシューズは、軽やかで洗練された印象。
唯一無二のバランス感覚です。

http://www.sellenatela.com



nostosbooksについて
世田谷・松陰神社前の商店街の一角にある”nostos books”は、
アート、デザイン、写真集を中心にバラエティーに富んだセレクトでファンの多い古書店。

古書店という枠にはまらず、“本のある心地良い空間”のためのグッズ販売や企画展やイベントを設け、いつ行っても面白い発見があります。
ふらっと立ち寄って欲しい本がある、あの瞬間の喜びはたまりません。

実は、Sellenateraのインスピレーション源となるアートブックは、
nostosbooksで購入したものがほとんど。
このイベントの為だけにスペシャルな選書をして下さっています。

ディレクターの山田友佳里(やまだゆかり)さんは、
アートはもちろん、異分野の知識も深く、
お気に入りの一冊を選ぶ良いアドバイスをしてくれます。

http://nostos.jp

2018. 04. 25 (Wed)