天草の器
金澤尚宜"/> 天草の器金澤尚宜

天草の器
金澤尚宜

日本最大の陶石と陶土の生産地である熊本県天草市。
350年以上の伝統を持つ天草の陶磁器は、国の伝統工芸品に指定されています。

そんな天草の移りゆく自然のなかで
「日々つかうものとしての器」を作陶している〈金澤尚宜〉

金澤さんより待望のうつわ達が届きましたのでご紹介します。

昨年開催した「天草の器 三人展」 にてご本人に在店いただきました。
ご来店頂いたお客様の中には、
実際にお話された方もいらっしゃるかもしれませんが、
とても気さくで愉しい方。
陶芸家さんのイメージが180度変わりました。

そんな金澤さんの作るうつわは釉薬の使い方が独特で、
同じ作品はひとつも無く全て1点モノ。
今回特に一押しなのが「海、地球」シリーズ。
吸い込まれそうな綺麗なブルー。見惚れてしまいました。

6月26日(金)より店頭に並びます。
週末はお散歩がてら、素敵なうつわを見にいらして下さい。
みなさまのご来店お待ちしております。
Amakusa Ceramics – Naoki Kanazawa

Naoki Kanazawa is a ceramicist from Amakusa, Kumamoto Prefecture, Japan’s largest producer of porcelain stone.
The region’s 350+ year heritage of porcelain and earthenware production, has seen Amakusa Ware designated as a national traditional handcraft.

Naoki Kanazawa, a sixth generation Amakusa ceramicist, was part the “Amakusa Three Ceramicist Exhibition”, held last year at Roots to Branches.

This time we would like to introduce his works in a solo exhibition.
Known for his original use of color and flowing glaze, every Naoki Kanazawa piece is a one-of-a-kind.
For this exhibition we recommend his “Sea and Earth” series which will draw you in with its stunningly deep blue hues.

Be sure to visit Roots to Branches to see Naoki Kanazawa’s works first-hand.
We look forward to welcoming you.

2020. 06. 24 (Wed)