ハラダマホ展

陶芸家・ハラダマホの個展をROOTS to BRANCHESにて開催いたします。

一目見て彼女の作品だと分かる、ハラダマホの器。
“練り上げ”という技法で生み出す、緻密でユニークな表情と優しく美しい色彩に虜になります。
長いお付き合いをさせて頂いている中で、今企画の構想を始めたのがちょうど2年前。 ようやくお披露目となりました。

パズルのように色土を組み合わせて作る“練り上げ”は、多くの時間を要する技法。
一つ一つ手間暇をかけて丁寧に作られる器が、一挙に並ぶ機会は非常に貴重です。
この個展のために特別に作って頂いた新作も含め、他では手にする事が出来ないラインナップとなっております。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

<ハラダマホ展>
2019年6月7日(金) – 2019年6月16日(日)
※作品が無くなり次第早期終了する場合がございます。

※お披露目会
6月7日(金) 19時–21時

※作家在店日
6月7日(金) 19時 – 21時
6月8日(土) 12時 – 19時
6月9日(日) 12時 – 16時

上記日程でハラダマホさんが在店いたします。
また、会期初日の6月7日(金)19時からはささやかながらお披露目会を行います。
どなた様でもお立ち寄り頂けますので、どうぞお気軽に遊びにいらしてください。

<ハラダマホ Profile>
“練り上げ”の技法にこだわり、唯一無二の色彩感覚で器を生み出す。
有田窯業大学校卒業後、會田雄亮研究所に入る。
2001年出身地の熊本県にて独立、現在に至る。
ROOTS to BRANCHES is pleased to present an exhibition of works by ceramicist Maho Harada.

Two years in the making, each piece seen at the exhibition is exclusive to this showcase.

Kumamoto Prefecture native Maho Harada started her eponymous ceramics brand in 2001.
Renowned for its distinctive and colorful designs, Harada carefully kneads pigments into clay to create multi colored strips which she arranges in to geometric patterns for molding. Harada’s original handcrafted method ensures no two pieces are exactly the same.

<MAHO HARADA EXHIBITION>
June 7 – June 16, 2019

<Artist in-store>
June 7 (Fri) 19:00 – 21:00 (Reception event)
June 8 (Sat) 12:00 – 19:00
June 9 (Sun) 12:00 – 16:00

Please take a moment to enjoy the unique and beautiful craftsmanship on display.
We look forward to welcoming you.

<Maho Harada Profile>
Born and raised in Kumomoto Prefecture, where she remains currently based.
Entered the Yusuke Aida Research Institute after graduating from Arita Technical College.
Develops unique technique creating multi-colored patterns in molded ceramics.

2019. 05. 30 (Thu)

1 2 3 4 5 35